top of page
  • 執筆者の写真soujinhome

「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(断熱リノベ)とは



「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」(断熱リノベ)とは、


高性能な断熱材や窓などを使って、一定の省エネ効果の向上が見込める断熱リフォームを行なった場合に、その費用の一部が助成されます。


このリフォームによって、光熱費削減、冷暖房の快適性向上、結露・カビの改善などの効果を期待できます。

3月14日から公募を開始しました。

申請受付:2022年3月14日~2022年6月3日

申請書類の準備には一定の期間を要します。お早めにご相談ください。


【補助対象者(申請者)対象条件】

原則、住戸のすべての窓の改修が必要。

改修する住戸は、所有者自身が常時居住する住戸であること。(賃貸住宅は補助対象外)

登録された補助対象製品を使用すること。

事前に申請し、交付決定通知を受けてから契約・工事着工すること。

期日までに工事が完了し、実績報告を完了すること。

※国が実施する他の補助制度とは併用できません




補助の対象となる製品は、所定の要件を満たす高性能建材・設備等です。

■高性能建材とは


高性能建材とは、特殊な性能を意味するものではなく、広く市場に流通している断熱材や窓・ガラス製品の内、断熱性能の高い部類に属する材料をいいます。


補助を受けるためには、JIS認証等を有し、熱伝導率や熱貫流率が一定の基準(公募要領に定める基準)以下となる材料として事務局に登録された材料を用いる必要があります。


【補助対象工事】

補助の対象となる工事は、外壁・屋根などの断熱材や開口部に高性能建材を用いた、一定の省エネ効果(15%以上)が見込まれる断熱改修工事となります。


※補助金制度自体に関するお問い合わせは「既存住宅の断熱リフォーム支援事業」で検索し、公益財団法人北海道環境財団のページにてご確認をお願い致します。

http://www.heco-hojo.jp/yR03/danref/index.html



当店ホームページ&施工事例は、

@sohjinhome プロフィールのリンクをクリック!

【質問・見積もり受付中】

お問い合わせはDM、コメントから

お気軽にご連絡ください!


【一級建築士事務所 創仁ホームの取り組み】

ご自宅を住みやすくするためのリフォームも、機能性や格安の価格、満足度で笑顔になれるものでなければなりません。

家族が笑顔になれる住宅のリフォームをお考えでしたら、【一級建築士事務所 創仁ホーム】にお任せくださいませ。

住みやすい住宅とはどのようなものかを知っているリフォーム会社だからこそ出来るご提案を致します。

水まわりなどのちょっとしたリフォームのご相談も承っておりますので、

お見積もりなどお気軽にご相談ください。







閲覧数:113回0件のコメント

Kommentare


bottom of page