top of page
  • 執筆者の写真soujinhome

【速報】国土交通省が「こどもみらい住宅支援事業」の申請期限延長を報道発表されました。



「原油価格・物価高騰等総合緊急対策」を受けて、令和3年度補正予算542億円に加え、令和4年度

予備費等において600億円が措置され以下の点が変更になりましたのでお知らせ致します。


<変更点1>

交付申請期限の延長

・変更前:2022年10月31日まで

・変更後:2023年3月31日まで

※完了報告の提出期限についても、交付申請期限の延長に準じてそれぞれ5か月間延長になります。


<変更点2>

新築住宅の補助対象について

→新築の「省エネ基準に適合する住宅(断熱等級4かつ一次エネ等級4を満たす住宅)」(補助額60万

円)については、2022年6月30日までに工事請負契約又は不動産売買契約を締結したものに補助対象

が限定されます。

その他の契約期限は2022年10月31日から2023年3月31日まで延長となります。


詳しくは、国土交通省またはこどもみらい住宅支援事業事務局ホームページをご確認ください。


リフォームをお考えの方必見!!

「こどもみらい住宅支援事業」とは子育て支援および2050年カーボンニュートラル実現の観点から、新しく創設された事業です。尚、名前は“こどもみらい”となっていますが、リフォームは子育て世帯などに限らず全世帯対象となります!


子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅の新築や、世帯問わず省エネリフォーム等を行う場合、所定の補助金額が交付されます。


【住宅のリフォーム対象】

対象工事を行うことで最大300,000円(別途条件を満たす場合は最大600,000円)の補助金が交付されます。

◎エコ住宅設備の設置で、補助金が申請できます。また、任意工事でバリアフリー改修、キッチンの対面化改修でも補助金がもらえます。


断熱改修工事やエコ住宅設備の設置工事を必須とし、1申請あたり合計補助額5万円以上から申請可能です。

リフォームを検討中の皆さま、2022年はお住まいをより快適にリフォームするチャンスです!「こどもみらい住宅支援事業」をぜひご活用ください。

※予算の状況によって、期限前に打ち切りとなる場合がございます。ご検討されている場合は、お早めにご相談ください。※住宅(外構含む。)のリフォーム工事を対象とする国の他の補助制度との併用はできません。


補助金の申請は、原則工事完了後です。


こどもみらい住宅支援事業を利用したリフォームをお考えの方は、創仁ホームまでご相談ください。


お客様のご要望に合わせてご提案します。

詳しくは、国土交通省またはこどもみらい住宅支援事業事務局ホームページをご確認ください。


当店ホームページへは、

@sohjinhome プロフィールのリンクより

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

【一級建築士事務所 創仁ホームの取り組み】

ご自宅を住みやすくするためのリフォームも、機能性や格安の価格、満足度で笑顔になれるものでなければなりません。

家族が笑顔になれる住宅のリフォームをお考えでしたら、【一級建築士事務所 創仁ホーム】にお任せくださいませ。

住みやすい住宅とはどのようなものかを知っているリフォーム会社だからこそ出来るご提案を致します。

水まわりなどのちょっとしたリフォームのご相談も承っておりますので、お見積もりなどお気軽にご相談ください。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

閲覧数:51回0件のコメント

Comments


bottom of page